協議会について ABOUT

ディマンドリスポンス推進協議会

本協議会は2015年3月31日に、経済産業省のネガワット取引実証(ディマンドリスポンス)
実証事業に参加しているアグリゲーターが集まり、設立しました。
その後、新規会員も加入し、現在下記16社がメンバーとなっております。
本協議会は、日本において今後導入・拡大が期待されているディマンドリスポンスの立上げを育成し、
その発展を通じて電力システムの信頼性向上、効率化、コスト低減、CO2削減に貢献し、
ディマンドリスポンス産業発展に努めることを目的としております。
本協議会は英文名は、Demand Response Council、略称は DRCと申します。

理事長挨拶

ディマンドリスポンスは、需要サイドより需給逼迫に対応する環境にやさしいソリューションです。欧米等の先進国ではすでに導入されており、電気代の低減、電力システム安定化へ貢献しております。我々も、ディマンドリスポンスを通じて、日本における電力システムへの効率化へ貢献できるよう努力してまいります。

メンバー紹介

2017.06.01現在下記メンバー企業が参加しております。(50音順)