ディマンドリスポンス DEMANDRESPONSE

概要

一般的に電力システムのコストのうち約10%が、時間割合では1%に満たないピーク需要のために費やされています。 ディマンドリスポンスは電力需給が逼迫した際、電力会社からの要請に基づき需要削減するモデルであり、 1年のうち99%は稼動しないピーク用の発電所を建設・運用することに比べて、経済効率が良く、且つ、環境に優しいソリューションです。
つまり、ディマンドリスポンスが電力システムに導入されることにより、電力システム安定化への貢献、電力料金低下効果が期待されます。

Graph

具体的には、下記のように、電力会社とユーザーの間にアグリゲーターが入り、ユーザーの削減余力を束ねて電力会社へ売ります。

Image

海外での導入事例

欧米等の先行諸国では、すでにディマンドリスポンスは容量目的、調整力
目的で使用されております。
一例として米国、欧州の例を下記します。

米国各ISO、RTOでのディマンドリスポンス導入状況(2013年、2014年)

Potential Peak Reduction from U.S.ISO and RTO Demand Response Programs
2013 2014
Potential Potential
Peak Percent Peak Percent of
Reduction of Peak Reduction Peak
RTO/ISO (MW) Demand8 (MW) Demand8
California ISO (CAISO) 2,1801 4.8% 2,3169 5.1%
Electric Reliability Council of Texas (ERCOT) 1,9502 2.9% 2,10010 3.2%
ISO New England.Inc. (ISO-NE) 2,1003 7.7% 2,48711 10.2%
Midcontinent Independent System Operator (MISO) 9,7974 10.2% 10,35612 9.0%
New York Independent System Operator (NYISO) 1,3075 3.8% 1,21113 4.1%
PJM Interconnection.LLC (PJM) 9,9016 6.3% 10,41614 7.4%
Southwest Power Pool.Inc (SPP) 1,5637 3.5% 4815 0.1%
Total ISO/RTO 28,798 6.1% 28,934 6.2%
  • FEDERAL ENERGY REGULATORY COMMISSION (December 2015), FERC Staff
  • Issue Assessment of Demand Response and Advanced Metering
  • http://www.ferc.gov/default.asp December 17, 2015

欧米主要市場での調整力目的でのディマンドリスポンス導入状況
(反応速度、継続時間に応じて Primary、Secondary、Tertiay と分割され、ディマンドリスポンスは通常 Secondary、Tertiary に参加していることが多いです。)

海外での調整力の状況(Primary,Secondary,Tertiary reserveの割合)

Country/
Market
Peak Capacity Primary
(Regulation in US)
Secondary
(Spinning Reserve in US)
Tertiary (30 minute
reserve in US)
USA/PJM 158,043MW
(historic peak)
525MW off-peak,700MW
on-peak(0.3%-0.4%)
100% of largest single
contingency
~1,700MW (>1.1%)
5.93% of Day Ahead
(DA peak forecast
Typically 1,700MW in Winter
and 4,500MW in summer)
USA/NYISO 33,956MW
(historic peak)
150-300MW
(0.4%-0.9%)
655MW
(1.9%)
2,620MW (7.7%)
Germany 69,970MW 600MW
(0.9%)
2,040MW Positive reserve(*1)
1,970MW Negative reserve(*2)
(~2.9%)
2,470MW Positive reserve
2,840MW Negative reserve
(~3.8%)
UK/National Grid 57,850MW ~1,400MW
(2.5%)
1,800~2,800MW
(3.5%~4.5%)
~2,500MW
(~4.5%)
France/RTE ~102,000MW ~700MW
(~0.7%)
~500-1,000MW
(~0.5%-~1.0%)
~1,500MW
(~1.5%)
  • Copyright of EnerNOC Japan
  • *1Generation 増、需要削減
  • *2Generation 減、需要増

日本での現状

先行諸国(米国、欧州諸国、豪州、NZ、韓国)ではすでに導入され、商業ベースで運用されております。 日本では、2013年度より資源エネルギー庁による実証が行われております。ディマンドリスポンスは一刻も早い商業化が待たれます。