業務用向け 産業用向け
提供企業:アズビル株式会社

主に既設BEMSを活用した無理のないDR

遠隔制御の技術を活かし、お客さま(需要家)にとっての新たな付加価値となるAutoDR*を実施。電力会社(一般送配電事業者)からの要請による「電源I´厳気象対応調整力」として、電力会社(小売電気事業者)からの要請によるインバランス回避用ネガワットとして、ディマンドリスポンスを実行。主に既設BEMSを活用する事で、大きな投資なしに取り組くむことが可能です。 また、お客さま(需要家)の設備に合わせ、無理のないDR手法を実現しています。

※AutoDR:需要家の建物内に設置されたBEMSと、アグリゲーションセンターをネットワーク接続。 アグリゲーションセンターからBEMSに対してDR制御の指令を出すことで、自動的にDRを実施すること。

~多彩なエネルギーリソースを組み合わせAutoDRを実施~
多彩なエネルギーリソースを組み合わせAutoDRを実施

■「AutoDR」の流れ

「AutoDR」の流れ

お客さま(需要家)のメリット

弊社は、主としてBEMSを用い、多彩なエネルギーリソースをアグリゲーションすることで、個々の需要家の凹凸を吸収。柔軟にアグリゲータとしてネガワットを創出しお客様にインセンティブを支払います。対象は、

  • ・設定値・発停・制御のコントロール
  • ・蓄熱槽
  • ・熱源
  • ・CGS・発電機
  • ・蓄電池 など

「止められる機器が少ししかない…」「DRの時だけ設定を変えるのは面倒」「DRオペレーションする人がいない」「CGSを使っていない時期はあるけど、役立つ?」「発電機はもっていないし」といった需要家でも大丈夫。
何より、DRを既存ビジネスでもあるエネルギーマネジメントの一つとして扱い、エネルギーコスト削減、省CO2をトータルに考えたDRを実施いただけます。

事例一覧へ戻る